FC2ブログ
2016-09-08

★日本一になった佐渡民謡!(2)

=日本民謡協会主催の全国大会で佐渡民謡を唄った優勝者(島内・島外)第一回は昭和26年=

※昭和33年度優勝の佐藤節子社中は松本丈一先生の指導下の団体である。
 松本先生は東京で十数カ所の民謡団体を指導していたので、下記の中にも松本先生が直接間接に指導した団体が多いと思われる。


(「日本民謡協会史」第7版・平成22年)

・昭和27年度(個人戦)   「両津甚句」 中川千代・山田房子 10.25日・仙台公会堂 ※佐渡人
・昭和30年度(民舞旗戦)  「佐渡おけさ」 相川支部 10月16日・共立講堂 ※村田文三が病をおして病床から出演する。
・昭和33年度(民舞旗2部) 「相川音頭」 佐藤節子社中
・昭和34年度(民舞旗2部) 「両津甚句」 京浜支部
・昭和35年度(民舞旗2部) 「佐渡おけさ」 おけさ支部
・昭和46年度(支部 寿年) 「両津甚句」 久慈詠正(北区)
・昭和52年度(支部 成年) 「両津甚句」 渡辺陽助(菊味昭和56年度)
・昭和56年度(民舞緑旗戦)「相川音頭」 一千代会支部
・昭和61年度(高1)     「両津甚句」 橋詰荘一郎(竹声)
・平成元年度(民舞緑旗戦)「相川音頭」 新潟民謡愛好会支部
・平成 3年度(民舞黄旗戦1)「佐渡おけさ」 越後民謡やよい会支部
・平成 4年度(民舞黄旗戦2)「佐渡おけさ」 新潟民謡愛好会支部
・平成 7年度(民謡 成1)  「両津甚句」 石井八郎(民謡いづみ)
・平成13年度(民舞紅旗戦)「相川音頭」 どうしょば座支部 
・平成13年度(民舞)    「相川音頭」 どうしょば座支部 ※内閣総理大臣賞争奪戦
・平成15年度(民舞紅旗戦) 「佐渡おけさ」 どうしょば座支部
・平成16年度(民謡 寿年松組) 「両津甚句」 蔵品タツ(十日町)
・平成16年度(民舞黄旗戦) 「佐渡おけさ」 越佐民謡小藤会支部
・平成16年度(民舞)     「佐渡おけさ」 どうしょば座支部 ※内閣総理大臣賞争奪戦
・平成18年度(民謡 成年・梅組) 「両津甚句」 坂井重人(新潟民謡愛好会)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する